三井化学の勤務地


会社概要

  • 従業員数: 18,983人(連結)
  • 平均年齢: 40.4歳
  • 売上高1兆8795億円
  • 営業利益1290億円

年収・給与

  • 平均年収(2023年): 892万円
  • 初任給 (2023年):
    • 学部卒: 231,500
    • 修士卒: 249,500

勤務地

三井化学は財閥化学の一角をなす企業ですが日本企業の中では三菱ケミカルや信越化学に大きく水をあけられており、他の国の企業にも追い抜かれています。また、基礎化学品や石化製品など、低付加価値で競争の激しい製品も多く持っており、収益性の低下や市況変動の影響を受けやすいです。事業再編や工場の操業停止なども影響しており、今後の成長性に疑問符がつきます。

研究所

  • 千葉地区:袖ヶ浦に研究所があります。三井化学の中心をなす研究開発拠点であり多くの人が働いています。袖ヶ浦は千葉の中でも田舎であり都心へのアクセスはそこまでよくありません。
  • 新潟地区:新潟県の三条市というところにも研究所があります。拠点としてはそこまで規模は大きくありません。日本海に面しており冬には雪などで冬季鬱が心配な場所です。

工場

  • 市原工場:千葉県市原市にあります。この地域は、東京湾岸に位置し、工業地帯として発展してきましたが、その反面、大気汚染や水質汚濁などの環境問題にも直面しています。また、交通の便も悪く、東京都心まで電車で約1時間半かかります。
  • 茂原文工場:千葉県茂原市にあります。この地域は、農業が盛んで、特にイチゴや落花生などの生産が有名です。しかし、農業以外の産業はあまり発展しておらず、若者の流出や高齢化が進んでいます。また、東京都心まで電車で約2時間かかります。
  • 名古屋工場:愛知県名古屋市にあります。この地域は、工業都市として知られていますが、その一方で、文化や観光の魅力に欠けるというイメージが強くあります。また、夏は暑くて湿度が高く、冬は寒くて乾燥しており、気候的にも快適とは言えません。
  • 大阪工場:大阪府高石市にあります。この地域は、大阪の中心部から南へ約17キロの距離にあり、関西国際空港からは北へ約25キロの距離にあります。しかし、この地域は、堺泉北臨海工業地区と呼ばれる大規模な工業地帯であり、住宅や商業施設などの生活環境が乏しいです。また、大阪市内や京都・神戸などの近隣都市へのアクセスも不便です。
  • 岩国大竹工場:山口県玖珂郡和木町にあります。この地域は、日本海側に位置し、自然豊かで静かな田舎町です。しかし、その分、娯楽や教育などの施設が少なく、若者や子育て世代にとっては退屈で不便な暮らしとなります。また、最寄りの都市である岩国市までも車で約40分かかります。
  • 徳山分工場:山口県周南市にあります。この地域は、瀬戸内海沿いに位置し、温暖な気候で海産物が豊富です。しかし、この地域は、化学工業が盛んであり、その影響で空気や水質が汚染されているという問題が指摘されています。また、山口県内でも人口が少なく経済的にも低迷しており、活気が感じられません。
  • 大牟田工場:福岡県大牟田市にあります。この地域は、石炭の産地として栄えた歴史があり、その名残として世界遺産に登録された三池炭鉱などの遺産があります。しかし、現在では石炭産業は衰退し、代わりに化学工業が発展していますが、その結果、環境や景観の悪化が進んでいます。また、福岡市や九州新幹線の最寄り駅である新大牟田駅まで電車で約1時間かかります。

三井化学の勤務地は化学メーカーにしては僻地と呼ばれる場所が少なく、研究所勤務であれば多くの人が千葉の袖ヶ浦に配属されるでしょう。また、工場についても千葉や名古屋、大阪など比較的都市圏に近い場所が多いことが魅力的です。

しかしながら、総合職として入社すると、国内外を問わず全ての事業所や営業所が転勤先となる可能性があります。これは、自分の希望や家族の事情に関係なく、会社の都合で異動させられることを意味します。したがって、必ずしも希望の勤務地で働けるとは言えないでしょう。

,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です