住友化学の勤務地


会社概要

  • 従業員数: 33,572人(連結)
  • 平均年齢: 41.5

年収・給与

  • 平均年収(2023年): 911万円
  • 初任給 (2023年):
    • 学部卒: 245,000
    • 修士卒: 268,500

勤務地

住友化学は日本最大級の総合化学メーカーであり、約300社のグループ企業を持ち、世界各地に事業拠点を展開しています。しかし、その規模ゆえに、社員は本社以外の場所で働くことが多く、特に四国地方には多くの工場や研究所があります。これは、住友化学の起源である住友銅山が愛媛県にあることや、四国地方が化学工業団地として発展したことなどが影響しています。したがって、住友化学で働く場合は、都会から離れた僻地での勤務を覚悟しなければならないと言えます。

研究所

  • 大阪地区:工業化技術、バイオ・生物系、先端材料、情報、農業の部門の研究所が存在する。
[html][/html]
  • 愛媛地区:生産安全基盤センターや工業化技術の研究所、機能材料など多くの部門の研究所が存在する住友化学の主力拠点の一つである。
[html][/html]
  • 千葉地区:袖ヶ浦に機能材料などの研究所が存在する。
  • つくば地区:エネルギー・機能材料の研究所が存在する。
  • 兵庫、大分、日立:各地の工場に研究所が併設して存在。

工場

  • 愛媛地区:
  • 千葉地区:
[html][/html]
  • 大阪地区:
  • 岡山プラント:
[html][/html]
  • 岐阜プラント:
  • 三沢工場:
[html][/html]

住友化学は、総合化学メーカーとして、多岐にわたって事業展開をしています。そのため、勤務地は全国各地に散らばっています。また、四国を主要な拠点としている企業であるため、多くの拠点が都会の華やかさとはほど遠い場所にあります。

住友化学の勤務地は、仕事に集中できるというメリットもありますが、プライベートな面では不満が多いかもしれません。都会での生活に慣れた人にとっては、退屈で不便な環境かもしれません。友人や家族との交流も減り、孤独感やストレスが溜まりやすくなります。また、転勤の可能性も高く、住み慣れた場所を離れることも覚悟しなければなりません。新しい土地での生活に馴染むのも大変でしょう。僻地勤務が嫌な人にとっては住友化学で働くということは、自分の人生を犠牲にするということなのかもしれません。

,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です