信越化学の勤務地


会社概要

  • 従業員数: 25,717人(連結)
  • 平均年齢: 42.2歳
  • 売上高2兆8,088億円
  • 経常利益1兆202億円

年収・給与

  • 平均年収(2023年): 877万円
  • 初任給 (2023年):
    • 学部卒: 262,450
    • 修士卒: 286,850

勤務地

信越化学は、シリコーンや半導体などの高性能素材を生産する総合化学メーカーです。勤務地の多くは、都会の中心部から離れた場所にあります。メーカーの中では莫大な営業利益率を誇る企業ですが年収はそこまで高くなく、従業員に対する還元が少ないという評判がある企業でもあります。

研究所

  • 群馬地区:シリコンや機能材料の研究所が存在します。
  • 茨城地区:塩ビの研究所が存在します。
  • 新潟地区:有機合成技術の研究所が存在します。
  • 福井地区:磁性材料の研究所が存在します。

工場

工場と研究所はいずれも併設しています。

  • 直江津工場:新潟県上越市にある工場ですが、新潟市からは約100キロメートルも離れており、交通の便は悪く、周辺には何もありません。冬は豪雪で道路が閉鎖されることもあります。
  • 武生工場:福井県越前市にある工場ですが、福井市からは約40キロメートルも離れており、周辺には田んぼや畑が広がります。
  • 磯部工場:群馬県安中市磯部にある工場です。JR磯部駅から徒歩約3~4分の場所にありますが、周辺には商業施設や娯楽施設が少なく、生活には不便が多いかもしれません。
  • 鹿島工場:茨城県神栖市東和田にある工場です。JR東京駅から高速バスで約90分の場所にありますが、周辺には工業地帯が多く、自然や文化の魅力は少ないかもしれません。

信越化学は、シリコーンや半導体などの高性能素材を生産する総合化学メーカーですが、その勤務地は、都会の中心部から離れた場所にあります。特に、日本海側にある工場や研究所は、田舎で雪が多くて大変な環境です。

信越化学で働くということは、日本海側の僻地で暮らすということを意味します。都会での生活に慣れた人にとっては、不便で退屈な環境かもしれません。また、転勤の可能性もありますが、その場合も同じような地方に異動することが多いでしょう。信越化学の勤務地は、仕事に打ち込めるというメリットもありますが、プライベートな面では満足できないかもしれません。僻地勤務が嫌な人にとって、信越化学は、高性能素材を生産するだけでなく、自分の人生も凍らせる会社になるかもしれません。

,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です